トップページエグザイル あつしエグザイルのアツシ(ATSUSHI)の「INORI」について

エグザイル あつし

 人気ユニット「エグザイル(EXILE)
」のメンバー、あつし(ATSUSHI)(27)が7日、都内で行われた日中共同映画「純愛」の記者発表に出席ました。

 映画の製作総指揮と主演を務める小林桂子(年齢非公表)から依頼され、主題歌「INORI」を書き下ろした。同曲は自身初のソロ楽曲。CD化もインターネット配信も未定で「劇場で聴いて幸せな気分になってもらえれば」と言ってます。

 楽曲制作を行ったのは昨年みたいで、エグザイル(EXILE)からメンバーが脱退し、大揺れの1年の中作成しました。「そんな時期にグループを差し置いて個人活動を優先していいのか、いろいろ葛藤(かっとう)があった。でも今では純粋な気持ちを貫けてよかったと思える」と涙を流しながら話しています。

 第二次世界大戦後の中国を舞台に、国境を越えた友情、真実の愛をテーマに8年かけて制作された、日中共同映画『純愛』の記者会見が7日(火)に都内で行われれ、主題歌を担当したエグザイル(EXILE)あつし(ATSUSHI)、主演で製作総指揮の小林桂子が本作に込めた想いを語っています。

 約3年前に小林とあつし(ATSUSHI)は出会い、“純愛プロジェクト”メンバーたちの映画に対する想い、世界の子供たちへの想いに強く胸を打たれプロジェクト参加を決意しました。

 仮編集段階の作品を観て「いろんなことを感じた。僕に出来ることは歌を歌うこと。だからすぐ歌詞もできた」とその場で初のソロ楽曲である主題歌「INORI」の歌詞を書き下ろしたそうです。
小林さんは「初めて曲を聴いたとき、体が震えました。このプロジェクトで言いたい全てのことを、伝えてくれた」と感激した様子で語ったそうです。

 そしてあつし(ATSUSHI)は「戦争がなくなってもいじめや銃乱射などの問題はある。愛や命の大切さを伝えることが映画や曲の全てに共通している。このプロジェクトには嘘がありません」と力強く語っています。

 映画『純愛』は8月18日(土)より東京・銀座シネパトスにて公開され、チケット代の一部はNPO法人を通じて世界の子供たちのために使用されます。

「INORI」のCD化期待しています!!



トラックバックURL
この記事へのコメント
1. ゆき   2009年08月16日 09:18
5 INORIのCD化是非お願いします初めて聞いた時本当に感動して聞き入ってしまいましたCD化待ってます
2. みゆき   2009年10月07日 15:28
なんかのドキュメンタリー番組で、アカペラで歌ったのを聞いて、すごくいい歌詞だし、心に響くメロディーだなって。

まだCD化されてないのにビックリしてます。みんなにも聞いてほしいな。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
エグザイル新曲情報
Google
お知らせです!

エグザイルの情報を
集めて行きたいと思います。
よろしくお願いします。
管理人
はじめまして。
ジュンといいます。
エグザイルの歌は本当に感動します。
このブログはエグザイルの情報をどんどん載せて行きたいと思います。
応援よろしくお願いします。
お気に入りブログ
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO対策
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 サイト管理者
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site